<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

イタリア旅vol.6

100902_1845~0001-0001.JPGピサの次に向かった先は、水の都・ヴェネツィア。

今回のツアーでは中心地のサンマルコ広場に近いホテルに宿泊&市内観光+水上ゴンドラ遊覧後は翌日出発までフリータイムで、比較的のんびり過ごすことが出来ました。

ヴェネツィアは水没の危機にあると言われているので影響があるかどうか心配でしたが、実際に訪れてみると、そんな気配はあまり感じられないくらい素敵な街並みで、水上ゴンドラに乗っていても歩いていても狭い迷路みたいな路地をぐるぐる巡るのはも楽しかったです♪


kumakuma * 旅(2010年) * 13:22 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

イタリア旅vol.5

100901_1929~0001-0001.JPGフィレンツェの次に向かったのは、ピサの斜塔。
約55メートルある大理石で出来た塔の周囲は「奇跡の広場」といい、洗礼堂、ドゥオモ、カンポサント(納骨堂)があり、この4つの建物が一生に関わるため、そう呼ばれているそうです。

斜塔の傾きは上層階部分は正常を保ちつつも、現在も傾きつつあり、塔に登ることも出来ますが、人数制限もあったので断念!
のんびりジェラートを食べて過ごしました〜。
kumakuma * 旅(2010年) * 11:36 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

イタリア旅vol.4

100831_2311~0001-0001.JPG100831_2230~0001-0001.JPGフィレンツェの続編です。
この塔がジョットの鐘楼で、気持ち良く晴れ渡る青空と赤レンガのコントラストが印象的な風景でした。





100831_1824~0002-0001001.JPG100901_0349~0001-0001001.JPGまた、ドォウモ内観は外観の色鮮やかな雰囲気とは違いシンプルな造りになっていて、ドームの天井には「最後の審判」のフレスコ画があり、見晴らし台に向かう人は上る途中に近くで見ることが出来ます。
また、夜にはライトアップされ昼間とはまたひと味違う表情を醸し出していました。



100831_2110~0001-0001.JPGそして、もう一つシンボル的存在のポンテ・ヴェッキオ。
建物の1階は、貴金属店が軒を連ね、ショーウィンドウは昼間でも眩しくて吸い寄せられそうに〜(笑)。
上階部分は「ヴァザーリの回廊」と呼ばれ、メディチ家のコジモ1世がヴァザーリに命じて作らせた専用の渡り廊下になっており、居城であったピッティ宮殿から、ヴェッキオ宮やウフィッツィ美術館まで約1キロ続く移動通路だったそうです!


フィレンツは京都と姉妹都市だそうで、街中に川(アルノ川)が流れ、伝統工芸や様々な職人仕事、歴史的文化が残る街。
その共通点に、なぜ両方の街に恋い焦がれてしまうのか妙に納得(笑)

またいつか、ゆっくりぶらぶらと過ごしたい。
そう思った街でした。
kumakuma * 旅(2010年) * 17:43 * comments(1) * trackbacks(0) * pookmark

イタリア旅vol.3

100831_1831~0001-0001.JPGローマから次の都市、フィレンツェにはユーロスターで向かいました。
約1時間半の電車の旅。車内は新幹線のような雰囲気、窓の外にはトスカーナ地方の風景が広がり、あっという間に到着。
まずは、市内観光!
フィレンツェに来たら絶対行きたかった場所のひとつ、ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィィオーレ大聖堂)です。



100831_1815~0001-0001.JPGゴシック様式の教会では世界第3位の規模を誇り、外観は赤・白・緑のイタリアンカラーの大理石で建造されています。
精巧で美しい外観を見た瞬間、心奪われてしまい・・・。
今回の旅行で見たドゥオモの中で一番好きな場所になりました。





100831_2231~0001-0001001.JPGそして、フィレンツェに来たらやっぱり街並みを一望したいっ!ということで、ドゥオモのクーポラも含めて見渡せる、ジョットの鐘楼の見晴台へ。
414段の細くて狭い螺旋階段をぐるぐる上っていきます。
途中、めげそうになりましたが(苦笑)この景色に出会ったら、疲れも吹っ飛びました〜。
kumakuma * 旅(2010年) * 22:09 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

イタリア旅vol.2

100830_2228~0001-0001.JPG
ローマ市内の主要な名所観光を終えた後は、ヴァチカン市国へ。
キリスト教カトリックの総本山であるサン・ピエトロ大聖堂は思っていた以上に豪華でビックリ!
どこを見渡しても荘厳で美しく、クーポラの真下にあるベルニーニ作の大天蓋の存在感、ミケランジェロが若干23歳時に制作したピエタ像の彫刻に圧倒されました。
kumakuma * 旅(2010年) * 23:21 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

イタリア旅vol.1

100830_1612~0002-0001.JPGイタリア4都市巡りの旅から戻ってきて早2日。
お天気にも恵まれ、慌ただしくも充実した8日間でした!
少しずつではありますが、備忘録として綴っていく予定です。

まずは、初日のローマ観光より、コロッセオ。
やはり実物を目の前にすると迫力があり、
大理石の塊がゴロゴロ横たわっている光景は、
いとも簡単に古の時代へとタイムスリップさせてくれました。
kumakuma * 旅(2010年) * 22:18 * comments(3) * trackbacks(0) * pookmark

旅のスタート

100829_0903~0001-0001.jpg新型の京成スカイライナーで一路成田空港へ!

いつもは成田エキスプレスなので、初めて乗りましたが快適です

それでは、また一週間後に!
kumakuma * 旅(2010年) * 09:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

旅の目的

100411_1443~0001.jpg
仁和寺さんの御室の桜たち。
先週末に行った時は、まだ5分咲きぐらいてした。
kumakuma * 旅(2010年) * 21:01 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

京都旅2010・春

100411_1407~0001.jpg初日はまだ
お天気がもってくれていたので、
先に洛西の桜を愛でに出かけました。

JR花園駅からスタートし、
向かった先は妙心寺の退蔵院。

しだれ桜が見事で、
一気にテンションUp!
kumakuma * 旅(2010年) * 12:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

認めたくはないけれど…

ノド風邪もほぼ完治し、
これから楽しみにしていた春の京都へ♪

しかし…

またしても雨予報…。

雨女から卒業したい〜〜っ!!
kumakuma * 旅(2010年) * 09:44 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ