<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

”塩なかま”サポーター募集中

ここでも何度かご紹介しているドキュメンタリー映画監督・石井かほりさんが
新作映画『ひとにぎり - 奥能登400年の塩』を製作中です。

今作品も、5年前の映画「めぐる」同様に、
昔から続く伝統を守り継ぐ人々を取り上げています。

以下、公式サイトより抜粋〜

*******************

“昔食べた にぎり飯 の味が忘れられない!”
“ふるさとの文化を未来に残したい!”

石川県・能登半島の最北部にある「奥能登」。
世界一古い製塩法“揚げ浜式塩田”を
江戸時代の昔から静かに、そして熱く守り継ぐ人々がいる。

その歴史の中で塩の生産が禁止され、
百軒以上の塩田が一軒にまで減少した。

そして今再び歴史を歩みだそうとしている人々。
塩づくりのプロが「手塩にかけて」塩をうみだす。
人智の奥深さ、自然と共に生きる人々の姿が語り継ぐモノとは……。

小さな地域の大きな歴史の一歩の記録。

********************

この地方でなされる、この「揚げ浜式製塩法」は、
”手塩にかける”という語源になった作業そのもので、
非常に過酷な労働だそう。
しかし、その作業を経て作られる塩の味わいは、
ミネラルやカルシウムをふんだんに含み、
丸味のある旨さだとか!


今回、この映画製作にあたり、
”塩なかま”という支援サポーターになると、
このお塩や塩サイダーがプレゼントされるとのこと!!
詳しくは公式サイトの「”塩なかま”募集」をご覧ください。

どんな味がするんでしょう〜♪
映画もお塩も興味津々デス。

kumakuma * 映画 * 17:18 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

久しぶりの映画三昧

月曜日に「ヒア アフター」を映画館で観て、
その帰宅途中で
FLOWERS」、「食べて、祈って、恋をして」、「悪人」
DVDを借り、先程見終えた。

最近、綴ることをしていなかったせいか、
言葉にするのが難しい。。。

「ヒアアフター」は、
泣ける映画、という訳ではないのと思うのだけど、
なぜか涙があふれて止まらなかった。
ちょっと切ないからかな。。。

昨年公開されて豪華女優人の競演で話題となった「FLOWERS」。
映像が美しい映画です。
挿し色がとても効果的でした。

女優人の演技、昭和から現代への時代のうねり、
女性の生き方、意識の変化、
そして、脈々と紡がれていく命。
この映画、好きです。
映画館で観たかったなぁ・・・。

「食べて、祈って、恋をして」は
ジュリア・ロバーツと共に旅をしてる感じで
楽しめる映画。

日本アカデミー賞で主演・助演賞を総なめした「悪人」は、
それを納得させるだけの重みがあり、
それぞれの切なさと苦悩と、
すがるような純粋さが胸に突き刺さった。


まだまだ観たい映画はたくさんあるので
また綴れたらと思う。
kumakuma * 映画 * 22:02 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

地球交響曲第七番

110112_0949~0001.jpgいつも偶然が重なる映画…
念願だった「地球交響曲第七番」を、恵比寿にある東京都写真美術館で観てきました。

思い起こせば約3年前。
この映画クランクインの数日後に奈良県天河を訪れ(記事はこちら)、一昨年には出演者のグレッグ・レモンがゲスト出場する自転車レース撮影模様を見に行ったりと(記事はこちら)、今までの作品に比べて近くに感じる存在となっていたので、昨年公開されてからずっと観たいと願っていました。

最近は日常に追われ、ふわふわとした柔らかい感覚を忘れていたことに気づき、大切なものを取り戻した気がして、今回見に来れて本当に良かった。
日々、口に入る食べ物を作っている人間として、
心構えというか…忙しい中でも忘れてはならない想いを届けられるような状態に、
自分自身を高めていきたいなぁと感じました。

写真美術館では14日までですが、
今までの作品とともに全国で自主上映されています。
公式HPにスケジュールが掲載されていますので、
ぜひチェックしてみてください!

公式HP → GAIA SYMPHONY Official site


ぜひ多くの方に観ていただきたい映画です。

kumakuma * 映画 * 14:14 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

MJ

091123_2033~0001.jpg急遽観たい!と思い立って行ってきました。

50才とは思えないダンスパフォーマンスの凄さ、音楽に対する姿勢に圧倒され、感動し、もうこの姿が見れないと思うと、泣けて泣けて仕方がなかった…。

27(金)で終了するので残りわずかですが、音楽が好きな人、ダンスが好きな人は必見です!

kumakuma * 映画 * 20:48 * comments(1) * trackbacks(0) * pookmark

地球交響曲第七番

昨年7月、奈良県・天河神社のご開帳時にクランクインした「地球交響曲第七番」。
一年の時を経て、先月22日、奄美大島での皆既日食の撮影でクランクアップ!

編集前の素材映像がYouTubeで公開されていますので、ご紹介します。




この第七番、個人的にご縁を感じています。

クランクイン時には、数日の差で天河神社のご開帳に伺い(記事はコチラ)、
先月5月には、グレッグ・レモン氏のツアー・オブ・ジャパン参加シーンを拝見(記事はコチラ)。
これから編集を経て、来年3月公開を目指しているそうです。

自主上映で全国、海外で上映されている地球交響曲」シリーズ
このシリーズの根底に流れている「地球はそれ自体がひとつの生命体である」という考え方は、
たくさんの気づきを、眠っている記憶を、思い出させてくれます。

ぜひ、多くの方に見ていただきたい映画です。



上映スケジュール、詳細は公式HPへ   → 龍村仁事務所
プロデューサー・龍村ゆかりさんのブログ → gaia* cafe

kumakuma * 映画 * 22:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

アラスカと剱岳

先日購入した星野道夫さんの著書「アラスカ 光と風」を読んでいます。カヴァーを外したら、素敵な装丁が姿を現しました♪

アラスカのブルックス山脈やアラスカ山脈の写真が豊富に掲載されていて、読んでいるうちに現在公開中の日本映画「剱岳 点の記」が観たくなり・・・。

早速観に行ってきました。


この映画は、映画館で観るべき作品!

CGの無い、実写の圧倒的な自然のすごさと、
俳優およびスタッフの方々のすさまじい忍耐に敬服します。

上記、映画のタイトルをクリックして公式サイトの「剱岳に登る」をご覧下さい。
どれだけのスケールで描かれた世界なのか、感じていただけると思います。


星野さんの本もそうですが、この映画は暑い時に観ると、と~っても涼しく感られます♪
公開されて1ヶ月経っているけれど、これからの時期にオススメの映画です。

kumakuma * 映画 * 23:28 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

やはり…

真夏のオリオン」上映前に行われた舞台挨拶。

席が左寄りだったので、登場から退場までしっかり見届けて…
久しぶりに近くで見ることが出来、テンション↑↑。

壇上で話す姿や会場を見渡しながら他の出演者の方々のコメントを聞いてる堂珍君を見て、
映画に出たんだ…と、今更ながら実感(笑)。

玉木宏さんが「人間ドラマ」と言っていた通り、
終戦間近の潜水艦が舞台なので緊迫感が漂うけれど、
玉木さん演じる艦長の存在と、両脇を固める益岡さん吹越さん、
そして舞台挨拶にも登場した吉田栄作さんが良かったな。

玉木さんと堂珍君とのモールス信号のシーンが忘れられない。
彼の眼力が大画面で証明された、そんな気がしました。

そう…大画面で前方左側。
顔が歪んで見えて、首が痛いです…。

今度は正面から観たいなぁと思っています!
kumakuma * 映画 * 16:48 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

近い!けど…

090613_1229~0001-0001.jpg「真夏のオリオン」の公開初日、招待席は前から3列目という近さ!

しかし、映画を見るにはツライ…かも?!

これから始まります〜
kumakuma * 映画 * 12:32 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ミーハーですが・・・

 今週末13(土)から公開の映画「真夏のオリオン」。

Chemistryの堂珍君が俳優デビューした本作、初日舞台挨拶の観覧に当選〜〜!!!

どんな演技してるんだろうか・・・など含め、色々な意味でドキドキですが、

その姿をしっかり見てこようと思います♪
kumakuma * 映画 * 23:14 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

グレッグ・レモン氏&地球交響曲

この間おしらせした(記事はコチラ)、自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン2009」最終ステージのスタート地点、東京・日比谷シティ前。小雨ぱらつく中、行って来ました!

中央の黄色のユニフォームを着ているのがグレッグ・レモン氏。
そして、手前の黒帽子の方が映画「地球交響曲」の龍村仁監督です。

スタートの瞬間を撮影するべく、待機されていました。





続きを読む >>
kumakuma * 映画 * 22:48 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ